モイストリフトプリュスセラム 糖化

糖化の抑制で老化防止!モイストリフトプリュスセラムの効果とは?

糖化って普段あまり聞かない言葉ですよね。

 

糖化って何!?って思う方も中にはいるのではないかと思います。

 

 

でもこの糖化って肌の老化が進むのにかなり関係しているんです。

 

 

糖化とは体内にある余分な糖がコラーゲンなどのたんぱく質と結合することで起こってしまう現象のことで、結合するとAGEs(エージーイー)という老化物質になります。

 

体内で老化物質が作り出されてしまうということです。

 

老化物質が作り出されるということは、肌の老化も進行しやすくなるということ。

 

 

できればこんな物質はできて欲しくない!っていうのが本音です。

 

 

AGEsは糖化生成物と言い、肌の老化に限らず全身の老化を進行させてしまうというかなりイヤな物質なんです。

 

 

しかも老化を進めるだけでなく、健康面でも様々な悪影響をもたらします。

 

 

糖化が起こってしまう大きな原因として上げられるのが糖質の過剰摂取です。

 

糖質を多く摂取してしまうと体内には処理しきれなかった糖が余り、その余った糖が糖化へと変化していくわけです。

 

できるなら無駄な糖質は控えるようにしたいところですが、糖質を抑えるのってなかなかできませんよね。

 

それに極端に糖質を摂らないと逆に体に負担がかかってくるので、適量の糖質を摂取することが理想です。

 

 

糖質オフダイエットを実施している方で、極端に糖質量を抑えている方も中にはいるかもしれませんが、適量は摂取するよう心がけてくださいね。

 

 

 

カルノシンで糖化を防ぐ!モイストリフトプリュスセラムはやっぱりすごい!

 

 

糖化が進めば肌の老化はもちろんのこと、体全体の老化が進行してしまいます。

 

肌のハリがなくなる、くすみやたるみが起こっているのはこのAGEsが増えていることが原因の一つかもしれません。

 

 

 

この老化現象を防ぐにはやはり糖化を防ぐことが有効!

 

どうやって糖化を防いだらいいの?

 

やっぱり糖質を抑えるの?

 

 

もちろん糖質の過剰摂取は控えるようにすることが大前提ですが、できてしまった糖化を分解することも有効な手段なんです。

 

ではどうやって糖化を分解させるのか?ですが、モイストリフトプリュスセラムに配合されているカルノシンが糖化の分解に役立ってくれるというわけです。

 

 

カルノシンという成分はもともと人間の筋肉内に存在する成分で、多くの動物の肉中にも含まれている成分です。

 

モイストリフトプリュスセラムを肌に塗ることでカルノシンの成分が働き、糖化を分解してくれる効果が期待できるので、肌のハリを回復させたり、たるみやくすみに効果があるとされているんです。

 

 

DMAEも配合されて、カルノシンも配合。さらにはエイジングケアに最適な成分もたっぷりと配合しているのでモイストリフトプリュスセラムは30代や40代の女性に人気の美容液になっているんですね。

 

成分を詳しく見てみると人気が出る理由が理解できますね。

 

>>引き締め効果!ハリ改善★モイストリフトプリュスセラム