目の下 クマ モイストリフトプリュスセラム

目の下のクマ対策にもモイストリフトプリュスセラムは効果的!

目の下にあるクマ。

 

なかなか消えない目の下のクマだけど、クマがあるだけでなんか不健康そうな顔に見られてしまう…。

 

 

不健康に見られるだけでなく、クマがあるだけで老けて見られがちです。

 

 

 

 

 

この目の下のクマってなんとかならないの!?

 

 

 

目の下にあるクマは寝不足、疲労、ストレス、体調不良、眼精疲労、不規則な生活、血行不良等の様々なことが原因で発生するとされています。

 

 

よく目の下にクマがあると「寝不足なの!?」とか言われたりしますが、目の下のクマというのはけっして寝不足だけが原因とは限りません。

 

 

目の下にクマができる原因は大きく分けて3つです。

 

血行不良によってできてしまう「青クマ」

 

皮膚のたるみが原因でできる「黒クマ」

 

色素沈着によってできる「茶クマ」

 

 

 

青クマは血行不良によってできてしまうクマなので、10代からでも起こってしまいます。

 

黒クマや茶クマは皮膚のたるみが出始める年齢の30代以降によく起こりますので、やはり対策はしておきたいところですよね。

 

 

 

一般的なクマというのはやはり「青クマ」です。

 

寝不足や疲労、ストレスが溜まることで、目の周辺の毛細血管の血の流れが悪くなりできてしまいます。

 

血行不良が起こってしまえば、10代という若さでもできてしまうのが特徴のクマですね。

 

 

この青クマを解消するにはやはり目の周りの血液の循環をよくし、十分なコラーゲンを摂取することが最適です。

 

 

血行を良くするマッサージは目の周りの筋肉をよくほぐしたり、ホットタオルを目にあてて血液の循環をよくすることも有効です。

 

 

でもやみくもにマッサージをしてもなかなかクマが改善されないという方も多いです。

 

 

効率よくクマをなくしたいと思えば目の周辺に有効な成分を与えてあげること!

 

 

モイストリフトプリュスセラムの全成分を見てみると、血液循環をよくするのに最適な成分が配合されていることが分かります。

 

 

モイストリフトプリュスセラムの全成分

 

水、グリセリン、BG、スクワラン、酒石酸ジメチルエタノールアミン、カルノシン、ポリアクリルアミド、水添ポリイソブテン、チオクト酸、アセチルヒアルロン酸Na、トコフェロール、サクシノイルアテロコラーゲン、パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド、オレンジ油、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジメチコン、シア脂、ラウレス-7、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、1,2-ヘキサンジオール

 

 

 

モイストリフトプリュスセラムの全成分を見てみると、チオクト酸という成分があるのが分かります。

 

 

このチオクト酸とはα-リポ酸とも呼ばれ、その効果に酸化防止や血液循環の改善、くすみ対策に有効とされています。

 

 

つまりモイストリフトプリュスセラムを使えば目の周辺の血液循環をよくする成分を肌に与えることができるというわけです。

 

 

それにモイストリフトプリュスセラムにはコラーゲンも配合されています。

 

 

青クマの解消には、「目の周りの血液循環の改善」と「コラーゲンを十分に与える」この2つが効果的ですので、モイストリフトプリュスセラムは目の下のクマ対策をするのに最適な美容液というわけですね!

 

 

モイストリフトプリュスセラムを使っている方というのは30代以降の肌のたるみが気になるという方が多いですが、目の下のクマ対策として20代の方でも多く使われています。

 

モイストリフトプリュスセラムは皮膚科医が監修しており、皮膚のスペシャリストが監修しているとあって信頼できる美容液ですよね。

 

実際に監修している広尾プライム皮膚科ではモイストリフトプリュスセラムが使われていますので、目の下のクマが消えない!という方は試してみる価値は十分にありますよ!

 

 

>>引き締め効果!ハリ改善★モイストリフトプリュスセラム

 

 

 

この記事の関連記事一覧

 

モイストリフトプリュスセラムで目の下のたるみを解消!

 

目の下のたるみに効く化粧品なんてあるの!?

 

モイストリフトプリュスセラムの効果で肌のたるみを改善!